こういう企画、やりたい。

ズーラシアンブラス

こういうの好き。
凄く馬鹿らしくて楽しいと思う。

オカピがいるよ!キリン科。。
そこまでメジャーな動物じゃないと思うのに、
オカピ!サインまであるよ!!
ゴールデンターキンとか、マイナー動物で揃えているのか??
(というか、絶滅危惧種??)
電光石火で演奏会終わると帰っちゃうらしい。
中身は誰なんだ?!ってそういう夢のないことは禁句??


夏は暑そうだね。吹きにくそうだし。
でも、よく企画が通ったなぁ~。
リード楽器は拒否しそう。
だって、リード割れる率が高そうだもんね。
私は、とりあえず拒否。
でも、トランペットとかだったら(吹ければ)参加したな。
ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000人のピアノ演奏

2006080804634728jijpintview001 中国黒竜江省のハルビンで行われた「第28回ハルビン夏のコンサート」の開幕
式で
演奏する1000人のピアニスト。中国では楽器の中でも特にピアノの人気が高
く、
多くの人々が演奏を学んでいるという(6日)(AFP=時事)10時15分更新

結構前のニュースで恐縮なのですが、
こういうギネスに挑戦!みたいなのって、
私はあまり理解できなくて、これもまた理解できません。
人数多ければ、長ければいいってもんじゃないぞー。
なんていうか、ギネスって訓練して(か先天的なものでも)
通常の人間の限界を超えるような事ができて認められると思うのだけど。
世界一長い太巻きを作るとか、人が集まればいくらでもできちゃうことじゃん!
それってちょっと違う気がするってニュースで見るたびいつも思ってました。
って、話が横道にそれちゃいましたが…。
さらに、このピアノ演奏会は、別にギネスに挑戦はしてないと思いますが…。


こんなの、まったく楽しくないじゃん!って思うんですけど。。
ブラスならまだしも(といっても1000人は多い)、ピアノで一体何を演奏するの?
ほんとに楽しいの?って感じがします。
最近、やたらと否定的かな?
でも、ね~…。
揃わなそうだし、聞くに堪えないよ~。多分。

ピアノが人気、というのはやっぱりなって感じです。
中国で世界で活躍している人の割合は、
圧倒的にピアノが多い気がする。
でも、なんでピアノなんだろう。
ピアノが弾ける、もしくは持っていることがステータスっぽくて、
親が習わせるか、それとも子どもが弾きたい!っていう率が
たまたま高い?とか??

で、調べてみました。
http://www.piano.or.jp/enc/special/0505_shanghai/index4.html

うーん。私の疑問を解決するには至らないけど、
国民性が出ていますね。
日本ではここまで徹底して練習させる家庭はあまりないのではないでしょうか。
第一回からのコラムはこちら
恐るべし。中国。
ここまでしなきゃいかんのかい?と思ってしまう。
でも、ここまでしないとプロになれないのかな?
というか、日本でもそこまでの努力などもろもろ惜しまない人の多くが、
プロへの道を進んでいけるのだと思うけれど、
ちょっと、小さい頃からそこまで…と思ってしまう。

そうなると、アマチュアで楽器を演奏している人は、
大学とかで始めたのでなければ、
落ちこぼれのレッテルを貼られてしまうのかしら??
そのへんも気になるところ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由演奏会

Jiyuu20060125 自由演奏会、初参加です。
ブラスも久々。5年ぶり??

出演者の集合時間よりは早めについたため、
お友達の仕事っぷりをのんびり眺めてました。

オーボエは3人いました。
初心者なんですーっていう方と、
サックスのお友達と来ていた方でした。
サックス隣じゃ、自分の音聞こえないだろうなーと余計な心配をしつつ。

自由演奏会は、当日集合、当日いきなりリハ、のち本番という、
やっつけコンサートみたいな感じです。
アドリブソロも、全員、好き勝手に自己主張して吹きなさいとか、
クラリネットは、1回は必ずリードミスをしなさいとか、
ソロはみんなで吹きなさい。とか、結構めちゃくちゃです。
指揮を取っているのは、上野の森ブラスの杉山さん(チューバ)です。
観客の拍手も、ただパチパチパチとお世辞のようなことはしないで、
ライブのように、ヒューヒューって言ったり、素敵ーって叫んだり、
下手くそ!引っ込めー!って言ったり、何でもいいから、
演奏に対して反応しなさい、って観客に指導してた…(笑)。
観客もノリが良くて、ちゃんと応えてた…(笑)。

確かに、クラシックの演奏会、特に日本はお行儀が良いですよね。
この辺は多分変化はないと思いますが、
演奏中、ぐっすり眠ってしまっていたとしても、
終わると、拍手してますよね。
マナーと言うか、そういう風にするのが礼儀だからみたいな感じで。

ブラスだとノリがいい曲が多いし、杉山さんのは少しいき過ぎの気がしなくもないけれど、
こういう雰囲気っていいよなーって思いました。
ブラスだったら、いつか実現可能かも!と思いました。
演奏側も、終わったとき拍手とともにいろんな人がわーって叫んだり、
口笛が鳴ったりしたら、ちょっと嬉しいですよね。
お客さんも演奏会に行きやすいし、親しみやすいですし。

で、楽器の調子はと言うと、いまいち。
やはり東京より熊本のほうが今は若干湿度が高いらしく、
リード、重っ!!
ちょっと吹くとすぐばててしまいます…。
知っている曲はバンドのための民話だけだし、
クラシックにはあまりない、2nd time onlyという言葉を見逃して、
結構吹いちゃってました…。
本番中に、あれ?とか言ってる時点で、緊張感ありません…。

でも、そんなこと気にしないって雰囲気です。
私は、ブラス、好きじゃないんですけど、
それは、変な上下関係とかやたら体育会系なところとか、
オーボエの出番がないというか、自分の音聞こえないし、という
状況がつまんないからだったんだけれど、
こういうのは楽しくていいな~なんて思いました。

でも、みんな友達同士で来ていて、制服を着た中高生が大半を占めていましたが、
知らない人と仲良くなるって言う雰囲気はあまりなかったですね。
JASTAもそうだったけれど、やはり一人できた場合、
常に一人みたいな…。
それで寂しいとかは、慣れてるんであまりないけれど、
JASTAの場合、こういう場でお友達出来るといいなーと思っていたので、
ちょっと残念な気がしたり。
さすがに熊本だと私の場合、仲良くなってもその後交流を深めるのは
難しいけど、こういうのは日本人の特性(何かに参加するときは、友達を必ず誘って行く、というような)みたいなもので、
どうしうようもない部分なのかな~。

あ、でも、大所帯楽器は違ったのかも。
オーボエは3人だけだったからねぇ。

終わった後は、お友達の運転で喫茶店で、
まったりお茶。
タルトうまー!なお店でした。
なんだか、早いね~としみじみ。

空港まで送ってもらいました。
お土産、たくさんいただいて、ぎゅうぎゅう!!
お世話になりました!また行くよーーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JASTA 全国大会

Ca310247 みなとみらいでバイオリンの発表会でした。
それにしても、家からだいぶ近くなりましたねー。
みなとみらい線、高いけど便利です。

発表会ですが、およそ600人乗るので自分が弾かなくても、
舞台にいなくても分からなそうです。
それにしても、ちびっこ、気合入ってます!
いや、気合は言っているのはちびっこの親かな?
ゲネプロの時も、衣装はばっちりです。
舞台に乗る前の40分くらい前にロビーに集合して
舞台裏に移動するのですが、そこからカメラやビデオカメラをもった
人たちでおおわらわです。
なんだか、記者っぽいです。首からビデオカメラにカメラぶら下げて、
逃さず撮影している人たちもいました。
私を含めて大人になると(一人参加組み)、割と淡々としていますねー。

本番はまったく緊張せずに、多分レッスンより緊張していなかったかな?
そんな状況で舞台で演奏しました。
超のびのび~~~~。
初級だったから。20人とかの小さい団体で出ていたら、
かなり緊張したと思うけれど。
そういうアンサンブルで出演していた団体も4つほどありました。
私が一番感動したのは、アルエム弦楽合奏団。
次の団体なんかも 凄く上手だったと思うのですが、
なんか心に響いてきたのはこの団体でした。
小学生くらいの子から大人までいるのですが、みんな大人顔負け。
いい演奏でした。
夢ではなく、あんなふうに弾けるようになりたい!と強く思いました。

Ca310245 あと、オルガン!
母校のもそれなりなんですが、響きというか体に来る振動が違うー。
オペラ座の怪人やカヴァレリアとかオルガンが鳴ると、いい気分でした。
特に、オペラ座の怪人はオルガン大活躍なので、のりのりでしたね☆

帰りは中華街で食事&ちょっとお買い物。
かなり疲れましたー。
一番疲れたのは曲ごとにある待ち時間…。
ずーっと立ちっぱ。2時間くらいは待ち時間だったと思います。
あとは、役員の人の段取りがあまりよくなかったかなー。
荷物置き場を違う風に言われて、上行ったり下行ったり、
楽屋行ったり、控え室行ったり、舞台にダッシュしたり、
楽器ケースと荷物を持っての移動はかなり大変で、
とおりすがる人に珍しそうに見られましたよー!
しっかりしてねー!!

Ca310251 そうFさん、遠いところお越しいただいて、ありがとうございました!
プレゼント、いただいちゃいました!
爪楊枝みたいな、果物とか食べる時に使えるもの(正式名称ってなに?)
いただきました♪
またアンサンブル、楽しみましょう!
そう、同じ楽団のIさんの奥様にもお会いしました。
同じ初級でした。
音楽の世界は狭い…。

Ca310250 参加した発表会は、
全国大会 JASTA STRING FESTIVAL 2006
です。
次回は大阪で開催のようなので、その次に中級で出られたらいいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インバル・ピント・カンパニー

昨夜の芸術劇場をご覧になった方いらっしゃいます??

インバル・ピント・カンパニーというイスラエルの団体の公演の様子を放送していたのですが、
最初、なんだこりゃって?って感じで別のチャンネルに変えていたんですが、
ちょっとしたきっかけでまた見てみたら、何かおかしい!

ちょっと病んだ感じの演出になっていますが、よく意味の分からない動き
(猫背で揺れてたり、おじさんぽい動きとか)が、
かなり面白い。
ミステリアスというか、奇抜な衣装も面白いし、
演出も結構工夫されてます。
何か深い意味がダンスにはこめられているのでしょうけれど、
その辺は私には分からなかったですが、とても楽しく見れました。
もう、既に公演が終わってしまっているのですが、
次回、来日したなら是非見に行きたいです!!
前回が3年前というから、次はいったい…。

でも、舞台見たら笑っちゃって大顰蹙かもしれない(笑)
私は、なんとなく真面目に見るよりは、むふふ…と笑いながら、
見てしまうような気がします。
DVD出たら欲しい!!
でも、あんまりバレエとか、ミュージカルとかってDVDそれほど出てないですよね。
すんごい大きく宣伝しているようなところは割りと出ていたりしますけど。
ちゃんと録画しておけばよかったなぁ。

再放送は望めなさそうだし…(T_T)

私は時々ミュージカルに行ったりしますが、
どちらかというと手作り感が感じられるのが好きで、
あんまり豪華絢爛でお金使ってまーす!というのは苦手です。
あと、なんだか、にくいな~っていう演出とか、
演出にびっくりさせられるのって、豪華なタイプのミュージカルには少ないかなーって思います。
これは、私自身もそんなに舞台をたくさん見ているわけではないので、
個人的意見ということですが…。
あ、でも宝塚とかは1度は見てみたいかも。
あれって日本で1番豪華な(見た目も華やかだしね)舞台だと思いますよー。
きれいな人しか出てこないから(多分)、少女マンガを実写版にしたイメージがあって、
楽しいかも!って思ったり。

また、何か見に行きたいなーと思う、今日この頃でした。
お勧めありましたら教えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)