« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近作ったもの

最近作ったもの。

100507_1917_0002

魚を焼くためのディルとレモンの皮を漬けたグレープシードオイルです。
見た目もきれい。
2週間くらいで、味(?)が浸み出てきて使えるようになります。


そして、お酒。
5年前の梅酒の梅を引き上げるついでに、新しいお酒を漬けてみました。
コーヒー酒とオレンジジンジャー酒です。

100508_2356_0002

コーヒー酒は、げーっという反応ですが、
カルーアとかそんな感じですよ。
ゲテモノ酒ではありません。
普通にコーヒー豆(深炒りが良い)でできますが、
私は、ブランデーをベースに、シナモンスティックも少し入れました。
大人な味に仕上がる予定。

オレンジジンジャーは、何かのかんきつ系に生姜を切って入れてます。
オレンジは多分どちらかというと、ポンカンとかそちらよりのみかん。
あと砂糖も少し。

どちらも、2か月ほどで飲めるらしいです

あとは、母のお友達から頂いた、ピンポン玉サイズのみかん。
正式な名前が分からない(書いてある葉書が行方不明)ですが、
ゴールドなんとかとか…
それでピールを作る事にしました。
が、薄い皮で作る場合は、内側の白いワタみたいなのは、
極力とるみたいですね。。。
前に作ったポンカンのような大きなみかんのピールは、
その部分こそ大事で、取り除かなかったので、気楽に考えていました。
結構量があったので、皮をむいて、さらに果肉は果汁を絞り、
冷凍するため、1時間近くもくもくと。。。
更に皮むきに1時間近く。。。肩こりました。
そんな手間の末、できました~~~

100514_0044_0001
キラキラときれいです
砂糖とのバランスが少し悪いかな~と思ったのですが、
でも、オレンジの味が凄く強いので、
砂糖が少し多めでちょうど良かったかも。


次は、日曜日に放送している男子ご飯を見て、
スコーンを作ってみました。
番組では、チャチャチャとミキサーでバターと粉類をまとめて細かくしてましたが、
うちにはそんなハイテクはないので、地道に手作業。
そのせいか、バターの混ざり具合があまり良くなく、
もう少し入れたほうがよかったかなーという仕上がりになりました。
要は、少し粉っぽい出来に。

100518_2117_0001

でも、味はおいしいです。

あ、あと作るとは関係ないですが、
最近、水出しコーヒーにはまっています

100506_2050_0001

カフェオレとかは好きで飲めるけど、ブラックは基本飲めません。
あの酸味が苦手。
でも、BECKS(?)だったかなー?
駅に良くある珈琲屋さんで水出しコーヒーを飲んだら、
酸味がなくまろやか~
なので、家で入れて飲んでます。
4時間ほど水に浸けておくだけで、作り置きしておけるので便利です。



それにしてもハイテク機材がほしいものです。。。
最近、当たり前のように使っているレシピが多く、
スープとか特に、すり鉢でゴーリゴリやってるんじゃ、
どうにもならない感じです
ジューサーでもいいんだけどなー。。

| | コメント (0)

陶器

発酵させてて作るクグロフにはまりつつある私。。
おいしいのでね

焼くためのクグロフ型、15センチ弱サイズと、手のひらサイズがあるのですが、
陶器の為、なかなか冷めないし、
だからといって水をかけたら割れてしまうしで、
次々と焼きたいときに、結構不便でした。
無理やり、バターを塗ろうとしたら、
熱くて、火傷しそうでした。。
それで、オーブンをしばらくカラ焼きしたり。。。
(オーブンも一回切ってしまうと、再度温める事が出来るまで、
かなりの時間がかかるのです)

それで、物色していましたら、
中古ですが小柄のクグロフ型を発見。
値段も手ごろだったので、思わず買ってしまいました。

100528_1252_0002

なんでも、ベルギー製らしいです。
気になるのは中古なので、本当に調理用に使われていたのかな~という
疑惑ですが、見た感じ普通に使われていた様子。
一応、陶器には良くないけどしっかり洗って、
カラ焼きを200度30分を2回、バターを塗りまたカラ焼きしておきました。


そんなこんなで、物欲に火がついて止まらなくなり…。

ポーランドの食器なのですが、柄がとても可愛くテンションが
ポーランドの食器は基本的にすべてオーブンに入れられるらしいです。
わわわーとなり買ってしまったのは、パウンド型。

100528_1250_0001

お菓子以外にもオーブン料理に使えそうです。
キッシュとかグラタン系、いいな。。
模様、細かいですよね、
花柄です。
中にも細かーく描かれています。
うっとり。。。

そして、ティパック置き皿。
100528_1252_0001

適当さ加減というか、まったり感がよいです。
他のは花がみっちり描かれていたんですよね。。
値段もかなりお手頃でした。
柄の難易度や密度によって値段も変わるみたいですねー。

ポーランド食器、いいなぁ。
マグカップやポットなど、地道に集めたくなりました。


そして、これはナスのテーブルトップ。
100528_2202_0001
箸置きと一緒に売られていたので、箸置きかと思いきや、
レジではテーブルトップの扱いになってました。
確かに、箸を置きにくい。
でも、その箸置きとしての使えなさ加減と、
水まんじゅうのような質感が気に入りお買い上げ。
それより、テーブルトップってなに?
どういう使い方をするんでしょうか?

| | コメント (0)

タラの芽いただきました♪

100511_1918_0002
今さらですが、
タラの芽、おいしく頂きました
こーんなにたくさん!
Tさま、いつもいつもどうもありがとうございます

100511_1933_0001

なんでも、山菜は食べすぎると刺激が強くて、
よろしくないとか家族が言うもんで、
2日にわけて食べました。

なんとなく、春先のものだから、栄養がみっちり詰まってそうだけど。
どうなの??
眠れなくなるとか、そういうのはなかったかな。

山菜はあの苦みがよいのだ。
季節の野菜は、ほんとおいしいねぇ。。
でも、去年食べてから、1年か。。。
早いな。。としみじみ。

| | コメント (0)

クグロフ

久しぶりにクグロフ型を使って、
クグロフを焼こうと思いました。

081209_0131_0002


クグロフって、フランスではイースト菌を使って、
パンのように焼くらしいのです。
今まで、発酵させて…ってやった事がないのですが、
作ってみる事にしました。
せっかく昔ながらの陶器の型があるしね。


とりあえず、基本型でいこうと思い、
レーズンを入れて焼く事にしました。
レーズンはラム酒で少し戻します。
発酵は2回ほど時間を取るのですが、
そんなに膨らまないですね。思ったほど。
混ぜている間も、なんかべちょべちょで、
強力粉を足しながら捏ねたので、
少し失敗気味だったのかも。。
ま、初めてだし。。

で、焼きあがりました~~。
100525_0126_0002_2

良い色~~
今まで、焼きが足りなかった事に気がつきました。
普通のシリコンとかの型のレシピより10分ほど長めには焼いていたのですが、、。
それに、型からすっぽりとクグロフが出てきたときは驚き!
ひっくり返しただけで、ポロッて感じで落ちてきました。
今までは竹串で型と生地の間に隙間を作ったり、
少し振って出したり、出た後も生地が結構型にボソボソ残って、後片付けが大変でした。

100524_2128_0001

きれいに取れました

焼き立てのパンは、はっきり言って、
パン屋のパンより美味しい
私、パン屋、できるんじゃない?とか調子に乗ってしまうおいしさ。
翌日は、多少硬くなりましたが、ボソボソすることもなく、
美味しく仕上がりました。
でも、3日目以降は、トースターで少し焼いたほうがいいかも。。

また作ります!
イースト菌、残っているしね

| | コメント (0)

ミツバのその後

100517_1323_0001 ミツバは結構育ちました。
2週間も経たずに収穫できますが、
写真のように、本格的に水栽培をしようと、
植え替えたところ、駄目になってしまいました。。。

もう少し、早く植え替えたほうがよかったかな~。
水だけに単純に浸けていたときに、結構根が腐るんですね。
それでだめになってしまったかもです。
元気なうちに植え替えとくべきだったかも。。

100530_0325_0001
そして、これはクレソンの花。
昨日、花が咲きそうなのを発見して、
切って水につけておきました。
花が咲くと葉が硬くなり、味が落ちるので、
蕾を見つけたら、切ってしまいます。
でも、切っても花が咲いて、さらに根も出ています。
凄い生命力だなぁ。
土の上に置いておけばまた根づきます。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »