« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

今更その7 豊川土産色々

旅行から帰ってきてからの楽しみといえば、
お土産(お菓子など)を食べることですね♪

八丁味噌カレー
090827_19190001090827_19340001







もっと味噌味噌した味なのかと思いきや、
味噌はあまり主張していない味でした。
和風カレーという感じ。
ご当地カレーでやりすぎちゃって微妙になっちゃってるのありますが、
そんなことはなく、おいしく頂きました♪
具は少なめかな。

八丁味噌ケーキ
090824_20190001







これは、味見をして気に入って買ったので、
家に帰ってもおいしく食べました。
が、カステラのように紙が付いているのですが、
気づかずに食べてしまい、気がついた時には、
口の中でなじんでしまい、大半を食べてしまいました…。
がーん!!
でも、おいしかったです。
甘いみそ風味です。

竹輪
090829_21080001







竹に巻いてあるんですね。
だから、竹輪。なんですけどね。
奥のピンクの竹輪は明太子。
噛むと断面にちゃんとたらこの粒が見えて、
口の中でもプチプチするんですよー。
美味しいです。
写真にはないですが、真っ白の竹輪が柔らかめで好きです。
こちらの竹輪は、すごく表面がしっかりしていて、
かみごたえがあるんです。
私は、柔らかめが好みだなぁ。

しらすパイ
090823_19450001090825_20550001







これは、内密にしておいた方がいいのかなぁ。。。
でしたら、言ってください。Eさん(笑)削除しますのでー。
うなぎパイのお店で奥に隠してある、知る人ぞ知るしらす。
まぁ、隠してはないですが、隅の方にひっそりと置いてあって、
聞かないと出てこないという一品です。
私はスルーしちゃったけど、Eさんが素早くチェック!
お目が高い!
で、分けていただきました。
うなぎパイより柔らかく、軽い食感です。
しらす!という味はしませんが、やさしい甘さで美味しいです。

以上、豊川土産でしたー。
(お味噌とドレッシングはまだ未開封)

| | コメント (0)

今更その6 ♪浜松♪

本日は、浜松観光です。

浜松は就職活動で来て以来。
その時は観光なんてできなかったので。


楽器博物館!

面白いなぁと思った楽器。

Srimg1726
これ、大砲みたいですが、打楽器です。
攻撃されそうな代物ですね。


Srimg1729Srimg1732Srimg1738Srimg1809 






Srimg1742おじいさんの顔みたい。




次は管楽器。
まずは、オーボエ属。
Srimg1760
Srimg1755Srimg1756









Srimg1757Srimg1759音が出る穴らしきものが。。。
発明品って感じですね。
でも、創意工夫があって、今の楽器があるんですよね。


Srimg1741これは、西洋楽器ではないですが、
ダブルリードっぽい。
でも、異様にリードが分厚くて、
どうやって演奏するか謎です。
オーボエのように吹くなら、かなりの肺活量が必要ですね。
あと、圧力。顔が真っ赤になるよ。



次は、ファゴット。

Srimg1791

ぶっ飛んでますね~。かっこいいー。





次はフルート。
Srimg1807
Srimg1788ステッキとの併用が可能なフルートです。
地面について使うんですかね?
重そうだし、実用的じゃないですよね。
さすがにびっくりするから、演出としてはいいかもしれないけど。
2枚目の写真はなんと先に鞭が付いているんですよ。
きっと乗馬でお出かけして、その先でちょっと吹くのを
想定しているんでしょうけど、それっておしゃれ?
そういう問題じゃないのか…。
別に別々でもそんなかさばるもんではないでしょう?


次はトロンボーン。

Srimg1790
なんでしょうか。
狩りのイメージ?
オペラとかに良いんじゃないでしょうかね?
登場人物が持っているのが似合いそう。

次は、ホルン。

Srimg1793


派手ですね~。
でも、こういうの好きです。




弦楽器です。
こちらのほうが、色々と試行錯誤した様子が見られます。

Srimg1798


不思議な形です。
蓄音機との融合?
音は安っぽいぺらっとした音がしていました。



Srimg1801裏がないです。
魂柱(こんな漢字でしたっけ?)から裏板がないのです。
どんな音がするんだろう。
サイレントバイオリンみたいな感じでしょうか?





Srimg1802装飾が華やかなヴィオラかな?
貝殻ですかね?







Srimg1803出ました。
ステッキバイオリン。
フルートより意味不明です。
弦が切れたりするから、ケースに入れないといけないわけで、
余計重いんじゃないの??
それに、弾きにくそうだよ。
音は案外普通の音がしていました。
もしかしたら、音量がそんなにないのかも。
録音聞いただけだと、そこまでは判別できないなぁ。


Srimg1815次は鍵盤楽器です。
デモンストレーションを聴くのを目指していったので、
色々聞けました。



Srimg1810箪笥ピアノです。
みんな考えるよね。。
だって、あの楽譜、仕舞えたらいいなぁって思うもの。
でも、そんなしまえなさそうですけどね。
ちなみに仕舞えるのは下部分の半分です。
そんなスペースないよね。



Srimg1770これはキリンと呼ばれているみたいです。確か。
ハープっぽいくねっとしている部分が、
きりんの首のようだかららしいです。

音は、普通のピアノです。
ほんと。
ちょっと曇ってるかなぁという感じ。
温かい感じの音でした。

あと、感動したのが、自動演奏ピアノ。

Srimg1822オルゴールの穴があいた紙のようなのをセットして、
(楽譜を置く位置にカバーがあって外すとはめ込める)
左のレバーを左右に動かすと、演奏が始まって、速度とか変えられて、
昔学校にあったみたいなオルガンの足踏みペダルがついているんですが、
それは、音量調節で、右レバーはピアノでいう右ペダルの役割をするんです。
(確か、そうだったはず。細かいところ間違っていたらすみません)

演奏している姿がいいんですよ。
リズムに乗っている感じとかがかっこいいですね。

この自動演奏ピアノを作った理由ですが、
この楽器はアメリカで発明されたんですね。
高価なピアノだけど当時、弾ける人がほとんどいないから、
弾けない人でも練習したら弾けるようにするために作ったらしいです。
使用場所は主にお店。
自動演奏機能を付けたことで、ピアノの価格は倍になったけど、
それでもそれなりに需要があったようです。
そして、演奏の要、穴のあいた紙ですが、横に歌詞も書いてあって、
歌を歌う人と一緒に演奏することも想定されていたようです。

そして、アメリカらしいと思ったのが、
全部仕舞えるんです。
左右のレバー(鍵盤の手前に付いている)も、紙をセットするところも、
昔の鏡台みたいな感じで、ふたをすると、何もなかったようになるんです。
下の足踏みペダルも、上に収納して、
変わりに、普通のピアノのペダルが下りてくるんです。
ぱっと見、普通のピアノ。
難点は、譜面台がない。
なんか、自動演奏機能をそのまま出しっぱなしにしないところが、
さすがーなんてちょっと思いました。
アメリカ的というよりかは、西洋的?

その後は、やはり浜松といえば鰻でしょう!
ということで、お昼御飯は鰻!

Srimg1830Srimg1832Srimg1834




いつでも開いているわけではなく、2時くらいでお昼が終わってしまうお店も多いらしい。
浜松に行く人は注意です。
ぎりぎりに滑り込みました~。
うな重(川)と、肝の天ぷら。
肝はもちもちで、グー☆
ウナギは、そんな食べてないですけど、東京と違うような気がします。
東京は表面も柔らかいんですが、
こちらのお店で食べたのは、表面がパリってしていて、
身は柔らかい、という感じでした。
かなり満腹ー。

その後は、竜々岩洞へ。

Srimg1840




私は洞窟好き♪
ちょっと意外にも開けておりました。

Srimg1836Srimg1837Srimg1838




日本の観光地によくある鐘とか。
岩には人形も。。。

洞窟入り口には竜が煙を吐いていました。

Srimg1841





中は思ったほど寒くなく、涼しいなぁという感じでした。
Srimg1851
喜びの窓、再現です。
泥だらけの中、この鍾乳洞を発見するきっかけとなった、
入り口なんですね。


Srimg1861
この竜々岩洞の自慢のポイント、日本一の滝。
ここのところ雨降っていないのもあるのかもしれないけど、
ゆっくり見れるポイントがなくて、
(滝の横を階段で下りていくだけ)
下に降りると、滝が見れないという、
どうにかしてほしいポイントですね。
鍾乳洞は安易に掘ったりできないってこともあるんだろうけど。


Srimg1863 鍾乳石はあちこちにあって、
たくさん見ることができます。
鍾乳石といっても、色々な種類があるんですよ。



鍾乳洞を出た後は、足水(湧水)をし、

Srimg1885




(かなり冷たいです。じーんとします。)
古代人のアイスクリーム、万葉人の蘇という、古代のチーズと、
ピオーネのアイスを食べました。
さわやかなレアチーズケーキという感じでした。
本当のはもっと癖がありそうです。多分、今風に味を調えているのかな~と思いました。

090823_16340001







さて、次は、うなぎパイファクトリーで、
うなぎパイを使ったスィーツを食べる予定でしたが、
閉店時間に間に合わないようなので、
工場内を見学することにしました。

Srimg1887




結構郊外にあります。

工場はもう動いていなくて、
止まっている工場内を見ることになりました。
中は撮影禁止です。
そして、作る様子を写した番組を見たのですが、
うなぎパイって、生地を伸ばしたりする工程は人がやっているんですよ!
季節や気温湿度によって違うので、人が調整するんですって!
凄いなぁ。全部機械でやっているのかと思ってました。
そして、打ち粉をまくかのように砂糖を豪快に撒いては、
折りたたんで、っていう工程を3回ほど繰り返しているのです。
砂糖の量が半端なーい!!
でも、お土産でうなぎパイ、買ってしまいましたが。。。
人間の身長くらいある、リアルなうなぎパイシリーズ。

Srimg1888




見学の記念にストラップを頂きました。
リアルー。
携帯につけると、うなぎパイだけがもげそうなので、
怖くてつけられないです。。

090824_16340002









その後は、浜松発祥のアイスコルネットを食べに行きました。
朝から食べ続けていたため、お腹は空いていなかったのですが、
来たからには食べないと!という感じで向かいました。
テレビで紹介されていて、超ブーム☆ということでした。

090823_19010001
駅から結構歩くのですが、
頑張って歩きました。

そのお店は案外地味でした。




090823_19060001
アイスコルネットー!
じゃーん。

コロネにチョコの代わりにアイスが入っている。
という感じです。
パンは油で揚げています。
冷凍してあって、数秒で揚げてしまうので、
あっという間に出てきます。
パンが温かいので、どんどん溶けます!
温かいパンに冷たいソフトクリームという組合せがいいのだろうなぁと思いました。

その後はちょっとお土産をお買いもの。
浜松は竹輪も有名です。
で、手筒花火風竹輪!!

090824_08540001090824_08530002090824_20020001 







このなかに竹輪がぎっしり入っております!
写真は半分の量です。
Tさんと半分こしてもらいました。
容れ物は縁起ものだとのことで、空になった今も部屋に飾ってあります。

夕ご飯はここの竹輪屋さんのお店です。
大衆居酒屋を想像していたのです。
竹輪のおでんとかきいていたので。
そしたら、おしゃれなお店でした。

090823_21000001 これ、大根なんですけど、
美味しかったー。
胃にしみわたるって感じでした。

他にももっと食べたんだけれど、
丁寧に作ってあるお料理ばかりで、
美味しかったです。
東京には出店しないのかしら??

090823_22410001さて、いったんTさん宅へ戻ります。
またもや夜行バスで帰るので、帰りが遅いのであります。



荷物を詰めて、24時少し前のバスで東京に帰りました。
Tさん、Eさん、どうもおせわになりました☆
私の行きたいところ、巡りつくしでお腹いっぱいな旅でした。

超ハードスケジュールだったのに、
最後まで休めなくてすみません、Tさん。
翌日はお仕事だというのに。。。。

大丈夫でしたでしょうか。。。


帰りの夜行バスは、電気もゆっくり着き、
疲れもあってか、結構寝られたので(お隣さんがいなかった)
行きよりはだいぶ楽でした。
そして、朝6時の新宿の電車は、席が普通に埋まっていて驚きました。
みなさん、早起きね。。。

夜行バス、体力あれば、時間をフルに使えますね☆
夜行バスの事も、旅の事もとてもいい思い出になりました♪
(首枕はあって正解☆絶対必要でした。)

Tさん、Eさん、滞在中、お世話になりました。
本当にありがとうございました☆

| | コメント (0)

今更その5 ♪手筒花火大会♪

今回の旅のメインイベント!
手筒花火大会です★

手で持つんですよ!(抱える感じ)
かっこいいですね。
火薬取扱責任者の資格があれば、住民じゃなくても参加できるそうです。
自分で火薬を詰めるところからやるのです。
不発だったら、悲しいですね☆

昨年行った人の話だと、空いていて楽勝!らしい。
余裕で行ったら、結構混んでました。
東京のたとえば隅田川の花火大会とかとは比べ物にならないけど、
でも、普通に混んでましたよ。
厚木の花火大会くらいは混んでいた!

で、花火大会だけど、舞台があるんです。
手筒花火は準備とかいろいろあるから、
その間に企業とかが打ち上げ花火をあげます。
スケジュールも決まっていて、何時にどの団体が、どの企業がって
新聞に折り込まれて配布されています。
なんだか、不思議。

090822_20570002090822_21110002Srimg1687






打ち上げ花火はなんだかしょぼかったです。
数が少ないというか、もう終わっちゃったの~?って
感じでした。
不況の波はこんなところまで…とか話したり(笑)
手筒花火が迫力あるだけに、余計差が出ましたね。
そして、企業広告の花火が消えていくさまが切なさを漂わせていました。。。


Srimg1688Srimg1701Srimg1705




手筒花火は、大迫力でした。
やっぱりやってみたい!
まず、グループ名(地区名?)と責任者の名前などが放送されます。
手筒花火を持った人が舞台に上がり、種火を持った人が現われて、
1周ぐるっと手を回して、点火!
火が噴き出して、最後は手筒花火の底が、ドン!っと
大きな音を出して抜けて、終了です。
どれだけ長く火が噴き出しているかが、評価の点のようです。
いつまでも消えない人には、拍手が出たりしていました。
やっぱり見に来ている人の半分くらいは、
どこかのグループに知り合いがいるようで、
出番を見て、終わると帰るなんて人も結構いましたよ。
打ち上げ花火オンリーの花火大会とは雰囲気が違いましたよ。


Srimg1710Srimg1712Srimg1713




最後は、大筒花火です。
大きいので、人の手では持てないようで、
やぐらみたいなのに固定されて、掛け声とともに、登場。
こう言ってはなんですが、ヤンキーのようです。
多分、格好と年齢(若い人が多い)と威勢のよさでしょうか?
Srimg1715090822_21320002






凄い火花で、明るくてよく見えない!ってくらいでした。
2枚目の写真、下から火花が出ているのが見えるでしょうか?
ドン!と抜けるんですよ~。その音もいいですね。
やっぱり、かっこいいですねぇ。
とても楽しかったです。
何でも、1年中どこかしこで手筒花火大会、やってるみたいです。
大きいのは年1回ですけど。
いいですねぇ。

そして、とっても残念なことが。。。
とりあえず早く見よう~と、屋台は後回しにしていたんです。
終わってすぐ向かったら、もう、店じまいしてるんですよ!
お祭りで何も食べれなかったのは初めてで、
焼きそば、楽しみにしていたのに。。。
早すぎー!

090822_22340001090822_22370001







なので、焼きそばー焼きそばー(T_T)言っていたので、
コンビニで焼きそば買って、家に戻り、炒めてくれました。
ありがとう☆
そして、八丁味噌ビールを飲みました。
後味が味噌。。
もともとビールダメですが、飲めなくはないです。
そんなすごい癖がある感じではなく、
昔味見した黒ビールよりいけました!

| | コメント (0)

今更その4 ♪豊川旅行♪ 新宿~豊川~岡崎

Tさん夫妻の旦那さんの赴任先へ、図々しくもお邪魔させていただきました☆

しかも、私がケチりにケチり、夜行バスで向かったため、
現地到着、朝の5時前。。
ご迷惑おかけしました。。。

新宿からの普通の観光バスタイプのバスにて、
豊川へ。
夜行バスは初体験。結構混んでました。ほぼ満員。
これは、慣れが必要だと感じました。
結構隣の人と近いんですよ。
隣の人は落ち着かないみたいで、寝相が悪いというか、
頻繁に動くんです。
前に屈んでみたり、片膝立ててみたり、窓によりかかってみたり、
肘置きに肘をついて自分の肘によりかかってみたり。
↑これは、時間がたつと隣の私にのしかかる感じとなり、
かなり迷惑なんですよ。
で、SAに着くたびに、放送が入り、パッと電気がつくため、
そこで確実に目が覚める。
これが3回あったので、ほとんど眠れませんでした。
電車だと数分でぐっすり眠れるのに。。。


090822_04560001お家は駅前なので、駅でバスを降りたら、
目の前です。
意外に大きな駅にびっくりしました。
で、お二人とも起きて迎えてくれました~~。
ありがとぅ…。。
そして、お腹が早々にすいてしまった私に、
メロンを切ってくださいましたー!
メロン、大好き☆しかも、朝5時のメロン。。。


Srimg1576090822_11360001







そのあと、ひと眠りし、シャワーを浴びて、豊川稲荷へ。
門前のうどんが有名とのことで、
朝食は門前うどん。
もっと小さなお稲荷さんだと思っていたので、
内心びっくりしました。
参道も駅前から長く続いています。
お稲荷さんなので、あちらこちらにキツネが。


090822_11410001090822_11460001







門前うどんです。
お蕎麦もあったのですが、やっぱり有名なのはうどんなので、ここはうどん!
最初に、かんぴょう巻きとおいなりさんが出てきます。
食べ終わる頃にうどんが。
待たされている感じがなくていいですね。
おいなりさんは、私好みの甘口で、
おうどんは固めで、つるつるでさっぱりと美味しかったです☆
お値段はお釣りが5円(御縁)の995円だった気が。。
盛りだくさんすぎて&ちょっと時間がたってしまったため、
うろ覚えな部分が多すぎです。すみません。


Srimg1583さて、豊川稲荷です。
お坊さんがちょうど鐘を叩いていました。
しばらく見学。






Srimg1589法堂です。
立派ですねぇ。
ここは稲荷と名前がついてはいますが、
お寺です。
本堂と意味するものは同じですね。
そして、御朱印を頂いたのですが、そこで、赤坂に別院があることを聞きました!
いつか行ってみようと思います。


Srimg1595Srimg1601その横にまた参道があって、
こちらは豊川稲荷の本殿です。
すんごい筋肉質でたくましそうなお稲荷さんがにらみを利かせています。
なんか、お稲荷さんってちょっと不気味な感じのが多いのですが、
ここのは違いますねぇ。
キツネというより、闘犬に近い感じ。
迫力あります。


Srimg1596そばにお祭りのときに使うお神輿が保管されていました。
きつね、怖い。。
口が動く感じです。
お祭りのときにどんな使われ方をしているか、
見てみたいですね。
獅子舞のように、体部分は布をかぶるんでしょうか?




Srimg1610さて、夕方に行ったらかなり怖かったという場所へ。。
奥の院参道を通ります。
こういうのを見ると、ちょっと何か供養なのかなぁと
思ってしまうのですが、そういうわけではないようです。
家内安全とか。。商売繁盛とか。

Srimg1612Srimg1617Srimg1619







でも、いちいち色々不気味な雰囲気を醸し出しています。(失礼ですが)
道順を示す手とか、お稲荷さんもたくさんありすぎて。
顔は様々です。
年によって流行りがあるのでしょうか?
それとも、彫刻家の個性でしょうか。
かわいらしいのもあれば、化けて出そうなのもあれば、筋肉質のものも。。。
個人で奉納されているようです。
あとは、企業とか。

Srimg1631Srimg1630やってきました。霊狐塚。圧巻です。
なんか、やっぱり不気味な感じがするんですけど、




Srimg1634良く見るとかわいらしいのも。
手前の新しいと思われる白いおきつねさんはにやりって感じだし、
その前のおきつねさんは、柴犬のように見えます。
やはり数に圧倒されてしまいますね。







Srimg1639次は電車で岡崎まで移動します。
東京の電車は複雑だとは思いますが、
ここもなかなか複雑です。
雰囲気で乗ってしまうと、まったく違うとこに行ってしまったりします。。
危ない。
無事に着きました。


駅からしばらく歩くとSrimg1641目的のものが見えてきました。
お城です。
岡崎城です。
徳川家康が出生したお城なので、
出世城と呼ぶらしいです。
産湯を汲んだ井戸の跡もありました。


Srimg1652Srimg1653お城なので、お城までの道のりは遠回りです。
お城の周りを回るように道ができているようです。
お城の目の前には立派なカメが。
なぜ、カメ?
お城は、目の前で見ると、
こじんまりとした感じです。
中は、資料館になっていました。
刀とか鎧とかが展示されていました。
最上階は展望台となっており、遠くまでよく見えました。
でも、汗がなかなか引かなくて、上にいても暑かったです。
秋くらいに来ると、風が気持ちいいかもと思いました。
高所恐怖症気味の私は、ちょっと足がすくみましたが。。


Srimg1658
帰りに、手筒花火をする人の像をみつけました。
今回の旅のメインイベント、
今夜です!
楽しみ♪





090822_17400001続いて、岡崎名物、八丁味噌の蔵の見学です。
八丁味噌、あまりよく知りません。
なので、良く分かるようになればな~と思いましたが、
味噌自体、奥が深いので、どうでしょう。
説明もそれなりに聞いてはいたのですが、
写真ばかり撮っていたので、最後尾に。。。
分かったのは、味が濃いけど塩分は
普通のお味噌より少ないということ。
長く仕込んでいるから味が濃いそうです。
意外ですよね。減塩風で、体に良いですね。
そして、豆麹で2年(夏・冬×2回)熟成させるそうです。
豆は蒸すと赤、ゆでると白のお味噌になるそうです。
八丁味噌は、蒸して、豆団子?(丸めたもの)にするようですよ。
あとは、夏暑い岡崎の気候条件で八丁味噌が作られるようです。
やはり、詳しいことまでは分からず。
独特の味ですよね。


Srimg1669Srimg1673Srimg1678Srimg1682








見学の様子です。
大きな桶です。
全部で6トン入り、上の石はそんな重さに見えませんが3トンあるそうです。
使い終わった桶は外に置いてありました。
次に使うまで洗わないで置いておくそうです。
洗ってしまうと、木が乾燥してしまって隙間があいてしまうそうです。
味噌が残っていますね。
もちろん、次に使うときは直前に洗って使うそうです。

そして、最後はおみそ汁で味比べをし、見学は終了。
八丁味噌ソフトを食べました。

090822_17250002







美味しい☆
みその味、確かにします。
チーズのような、和風ソフトって感じでした。

お土産もたんまり買い込みました。重いー。

090824_18470001







赤だしは見学のお土産としていただきました。
あと、ドレッシングと、八丁味噌と味見をしておいしかった八丁味噌ケーキ。
レトルトカレーは自分へのお土産です。
変わりものカレー好きです☆

さて、次はいよいよ花火です!
長くなったので、改めて書きます。

| | コメント (0)

今更その3 ★ナイトZOO★

多摩動物公園が、8月のイベントで、
土曜日の夜だけ少し遅くまで開園して、
夜の動物(限定で。見れない動物も多数あり)の様子を見せるという、
ナイトZOOをやっていたので、行ってきました。

Simg_2125ちょっと地元の動物園だし、ってなめてました。
まず、電車からしてかなり混んでおり、
園内も…。
子供連れの家族が多かったですね。

時間によっていろいろイベントがあるので、
それまで、そのイベントから外れた動物たちから見ていきました。

定番!バクです。
結構動き回っていました。
木に体をこすりつけています。
痒いのか、匂い付けなのか。。。
Simg_2127




そして、チンパンジー?だったかな。
こちらを見ようとしません。
というか、普段の動物園の倍以上の人たちがいるような感じで、
子供が多くて騒ぎまくりだったので、イラッとしていたのかもしれません。
Simg_2131







というか、ほんとどこもかしこも人だらけなんです。
カワウソの餌やりイベントは人だかりができていて、
とても見れるような状況じゃありませんでした。

そして、キリンです。
キリンも、なんだかなーという感じが漂っていました。
見下ろされているせいでしょうか。。。
ちょっとした小競り合いもしていましたよ。
上下関係ですかね!?
090815_18260001







この頃になると、だんだん暗くなってきており、
いよいよライオンです!
Simg_2136Simg_2137



自由にしているライオンを上から見る、というのをイメージしていたのですが、
ライオン舎に入り、檻の外から見るという内容になっていました。
ライオンは動物なんで、うまくこちらを向いてくれなかったりして、
飼育員さんの人が気を引かせようと、大変そうでした。
Simg_2138



長蛇の列なので、お客さんもじっと見ているわけにはいかないので、
お尻しか見れなかったり。。。
私たちのあとの人たちは、ライオンが向こうに行ってしまって、、、なんて
状況になっていたりしました。
実際見てみると、夜だから特別こういうところが違った!ということは分からないし、
間近で見るなら、ライオンバスに乗った方が間近でよく見えるなぁと、
思ったりしました。
でも、暗い中で動物園をふらふらするというのは雰囲気良かったです。

Simg_2141Simg_2142



展示物も色々ありました。
係員の人がいて、説明をしてくれます。
ライオンの牙かと思いきや、これは爪なんですよ~というやり取りがされたり。



そして、夜になると元気だなぁと思ったのは、フラミンゴ。
超騒いでいました。
Simg_2144




いつもと違う状況に興奮していたのでしょうか。。。
夜行性ではないですよね、フラミンゴ。。。

あと、チーター。
常に歩き回っていました。
そして、人がすごい。
昔、ゴッホ展を見に行った時の、ぎゅうぎゅうの人込みを思い出しました。
押し合いへしあいですよ。
Simg_2150Simg_2151



逆に、チーターがこっちを観察しているようでした。

全体的に明かりが少ないので、写真があまり撮れませんでした。
動物たちにとっては、夜は人がいなくて、
ほっと一息の時間なのかもしれないのに、
こんな騒がしかったら大変だなぁと。
結構、闇夜でふらふらキリンが動いていたりしたけど、
いつもの光景じゃないかもしれませんね。

| | コメント (0)

今更その2 都内巡り

東京に長年住んでいながら、
東京のあちこちにそんな行ったことがないような気がしました。
なので、東京メトロ一日500円乗り放題チケットを手に、
都内巡りをしてみることとなりました。
Tさん、Eさんと三人です♪

コースは、国会議事堂→お昼→証券取引所→人形焼き購入
→東京タワー→飲み会♪

Simg_2066さて、国会議事堂です。
小学校の社会科見学と、仕事で入ったとき以来です。
今回見学できるのは社会科見学ルートと大体同じだろうなぁと思って行きました。
(でも、昔すぎてうろ覚え。赤いじゅうたんとか入ってはいけない部屋をのぞくだけだった記憶のみ)
中は写真撮影NG。
090814_10530002外観はなんと清掃中でカバーが掛けてあるというがっかりな状態でした。
でも、大盛況で100人くらいいたんじゃないかって感じでした。
ちなみに、無料で一時間おきにツアーをやっているようです。

待合室はこんな感じ。
ここは撮影OKです。
Simg_2069Simg_2071Simg_2076Simg_2075




立派な椅子は、確か天皇専用です。
これには座れませんが、議員が座る椅子と同じ椅子には座ることができます。
机には、反対とか賛成とかが押せるボタンが付いていました。

中は暑いです。この日自体が暑かったので。。
参議院の議場に入って一般傍聴席に座って質疑応答などありました。
天井のステンドグラスがきれいで、でももろそうで、
地震の時割れませんか?と聞きたくなったのですが、
縁起でもないのでやめました。実際どうなのでしょう。
中は凝った彫刻が施されていて、時代を感じる内観でした。
一般の人の前には報道陣の席があり、
背もたれのない丸椅子で、機能性はいいのでしょうが、
長時間はつらそうでした。
来賓用、皇室用、天皇席なども用意されていました。
1度しか使ったことがないとか。もったいない。
そして、あの豪華なカーテンなどは洗濯しているのかも気になりました。

次は、お昼ごはんです。
どこに行くか迷った末、証券取引所の最寄り駅まで行ってしまうことにしました。
ふらふら歩くと、ちょうど会社のお昼休みとかち合い、
場所柄か超かっちりメイクの女性が多く歩いていて、
ちょっと腰が引けてしまいました。
なんていうか、舞台用メイクではなく、雑誌の撮影向けメイクのような、
隙のないメイクです。すごい。
あ、で、お昼ですが海鮮です。
なんたって、築地が近い!
090814_12420001







あと、写真を撮るのを忘れましたが、
蟹のおみそ汁もありました。
豪華ー!!でも1000円でお釣りが来ます☆
ほんとたくさんでおいしくて、大満足です☆
満腹で眠くなりました。
お隣の金融系のサラリーマンの方は、
蟹を食べ、お酒を飲み、お寿司を食べていて、
そのリッチな昼食をちらちら見てしまいました。
お昼から、蟹!贅沢ですな!


次は証券取引所です。
Simg_2090



行くのは初めてです。
Simg_2092資料館に、サンリオの株券が展示されていました。
キティちゃんつき。
今は電子化されていて、こういう紙のはないんですね。
アナログな人なんで、やはり手元にある方が、
持ってる!って感じがしていいような気がしますけどね。



090814_13480001中はとても静かです。
一瞬お休みのような気がしましたが、
ちゃんとお仕事しています。
私は、いまだに昔の紙が飛び交う、うるさい証券所が
頭の中にあるので、
こんなに静かだと変な感じです。
活気があっていいのにね。
活気度合いは、上の電光掲示板の回る速度でわかります。
たくさん取引されると回る速度が速くなるそうです。
昔は取引する人が声を出したりして、それを書き取る人がいたそうです。
(経済は詳しくないんで適当です…)
書きとる人はガヤガヤした中からちゃんと聞きとっていたそうです。
声が小さい人やアピールが弱い人はスルーされてしまうようですが。
その人たち、すごいなぁと思いました。
ラジオの人も、上の小窓からのぞいて、
社名と数字を延々と読んでいたとか。すごいな。

その後、スタンプラリーに参加。
証券取引所のストラップをゲットして、人形町へ人形焼きを買いに行きました。
有名な人形焼き屋さんです。
残念ながら、この頃は結構暑さにやられて疲れ切っており、
写真はありません。
人形焼きを買う前に、漬物を買い込んでしまい、結構重いし。。。
人形焼きはどれもおいしかったです。
私は、餡が入った人形焼きと、白いんげん餡が入ったアユを買いました。
餡がちょうど良い甘さで美味しかったです。
私は、白いんげんのほうが好みでした。

Simg_2111090814_15320001そして、疲れ切っていたので、雰囲気のよさそうなお店へ。
こちらで宇治かき氷を、なんと!ごちそうになりましたー!
Tさん、どうもありがとうー!
そして、こちらのお店、お茶が美味しいんですよー!
鉄瓶の薬缶かな?でちゃんと淹れてる感じなんですよ~。
分けてもらった白玉も、たくさんで美味しかったです~。
ここで、体が常温近くまで熱が下がった気がして、
ずいぶん楽になりました。



ここで、みんなかなり疲れ切っていたので、
次をどうするか、会議し、東京タワーは駅から遠そうなので、
見れるところから見て引き返そうということになりました。
でも、駅を出たら目の前に東京タワーがそびえており、
意外に近いことが分かり、行ってみることにしました。
Simg_2118



東京タワーは、中学の都内巡り以来です。
大きいですね。
そして、人が超ー!多いです。
中には飲食店やお土産屋さんがたくさん入っているのですが、
激混み。
展望台へ上がる入り口には、フロアが埋まるくらいの、
待っている人たちの列!!
げんなりして、下から見ても十分迫力があって満足したので、
帰ってきました。
中のコンビニにはもう、おでんが売ってましたよ。
早すぎませんかね??

その後は、もう一人、仕事帰りのNさんが合流して飲み会に突入ー!
汗をかなりかいて脱水状態だったのか、
異様に酔いが早く、周りに止められました。。。
でも、そこは魚料理のお店で、すごくおいしくて、
お酒も詳しい人にチョイスしてもらって、大満足♪
どこかに遠出しなくても十分楽しめますね☆

今度は涼しい時期か春くらいに浅草・鎌倉・川越あたり、どうですか(笑)?

| | コメント (2)

今更その1 室内楽演奏会とトルコアイス

前にウダウダ言っていた室内楽演奏会は無事終了しました。

無事ではないか。。
普段間違えたことがない個所で躓き、
そのまま復帰できず、半ページくらい伴奏が消えてました。。。
すみません。。。
いやぁ。でもあれはかなりの難曲でしたよ。
私は趣味程度にピアノをやって、何年も触ってないのですから。。
(いいわけ)
でも、今回の事は良い勉強&教訓になりました。
もう、ピアノの伴奏はしない!
弾けるのは合唱曲レベルまでですね。。
合唱曲は好きなのです。
河口とか大地讃頌とか。それだったらOK。
過去に弾いたことあるし。


090806_17310001あと、トルコアイス。
お土産に頂きました♪
ミルクと混ぜて冷やすというものです。
英語が読めない私は数字を何となく理解して、
作ってみました。
味は、ピスタチオ味です。
ほんのり緑色。

090810_19550001出来上がりはこんな感じ。
市販のトルコアイスのような異様な伸びはありませんでした。
そして、せっかくなのでとお高めの牧場から直送~的な、
濃厚な牛乳を混ぜたせいか、
超濃厚なアイスとなりました。
そして、たぶん食べる前に20分くらい常温に置いて、
柔らかくしてから食べよ、と書いてあったのですが、
そこまで待たず溶けた部分から食べていたのです。
何日かに分けていたのですが、最終日。
底にピスタチオの実が溜まっていました!!
そうか!ちゃんと全部混ぜるわけは、この実を均等に食べる意味もあるのか!
と、最後の一口で理解しました。
ので、最後は贅沢なアイスとなりました♪

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »